資産と負債の違いとは!?資産を買おう!!!金持ち父さん貧乏父さんから学ぼう!

お金のこと

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

みなさんは「資産」と「負債」の違いを説明できますか?

 

すでに資産運用をしている方なら5万回ぐらい聞いたことある方もいると思いますが、資産運用を今後していこうと考えている方にはとても大事な話なのでさせていただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

金持ち父さん貧乏父さん

資産運用や投資をする上で、超有名な書籍に

「金持ち父さん 貧乏父さん」という本があります。

 

 

私もはじめて読んだときは衝撃を受けました。

 

今まで資産運用やお金のことなど考えたことなかったのですが、この本を読んで考え方がガラリと変わりました

 

言っていることはとてもシンプルですが、それを知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。

 

この本は有名すぎてマルチ商法や、悪徳不動産投資のセミナーなどでも引用されることがあるぐらいです(笑)

 

もし読んだことがない人がいたら是非読んでみてください

初版は2000年にでている昔の本ですが、内容は普遍的なものなので、今でも愛読者がたくさんいます。

 

 

資産と負債の違い

「金持ち父さん貧乏父さん」で一番有名といっても過言ではない一説があります。

それが、

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

という言葉です。

 

金持ちの人は、「本当の資産を買うこと」に一生懸命になり、中流以下の多くの人は、「資産」だと思って一生懸命「負債」を買い込んでいるというのです。

 

例えば家について考えてみましょう。

日本ではマイホーム信仰が強く、マイホームを資産であると言う認識が強いと思います。

ですがマイホームを買った場合には、毎月のローンや固定資産税や修繕費などがかかるため、ポケットからお金が出ていくので、この定義からすると「負債」になるわけです。

 

しかし、家を購入してもそれを誰かに貸して賃料を取り、ローンや税金などと相殺してもプラスなのであれば、ポケットにお金を入れてくれるものなので「資産」となります。

 

このように同じ家を買うという行為でも全く意味合いが変わってきます。

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

 

不動産投資ってどうなの?

「金持ち父さん貧乏父さん」はハワイ在住のロバートキヨサキ氏が本を書いており、不動産投資を積極的に勧めています

 

これはアメリカは中古住宅が当たり前で、中古物件であっても売る時に値崩れしにくく、またアメリカは人口も増えているので需要が高いため、買ったときより高く売れる可能性が高いためであります。

 

しかし日本ではこちらの記事でも書いたように人口はどんどん減っていきます。

 

なので、今後は物件を買う場所を間違えてしまうと、需要がなく、買った値段よりも相当安くなってしまう可能性が十分にありえます。

 

どれだけ賃料でプラスが出ていても最終的に売値が下がってしまい、今までの賃料の総額と売値を合わせても買値より低ければ全く意味がありません。

 

なので今後日本で不動産投資を行うというのはよっぽどの知識と、自信がないと危険だと個人的には思っています。

 

ですが不動産投資というのは唯一、銀行からお金を借りてレバレッジをかけてできる投資なので、自分の手持ちのお金より大きなスケールで運用ができるので、リターンも大きく旨味はあると思います。

 

なのでチャンスが来たら、それがチャンスであると判断して動けるように知識はつけておこうと思っています。

 

Merio / Pixabay

 

 

資産にお金を出そう

不動産以外にも資産はあります。

 

株式投資も値段が上がって売れればお金が入りますし、配当金があれば株を持っているだけでお金が入ってきます

 

これも立派な「資産」の一つです。

 

またハードルは高いですが、ビジネスオーナーになって、自分が時間を費やさなくてもビジネスが回るようになれば、自動でお金を生み出すものとなるのでかなりの資産です。

 

最近医師の方でもビジネスを立ち上げる方もいますし、その様な道も一つの選択肢になり得ると思います。

 

なのでこれらの株やビジネスのためにお金を使えば、お金を生み出してくれるものになるので、「負債」ではなく、「資産」にお金を使うことが重要です。

 

rawpixel / Pixabay

 

まとめ

お金の使い方を意識して、節約をして種銭をためてきちんとした「資産」を買うことができれば

お金がお金を生み出す状態となってくれます。

ようするに「お金が働いてくれる」わけです。

そうなれば自分が働く時間をセーブしたり、やりたくない仕事を断っても困らなくなるわけです。

 

しかし見栄や、外見のためだけにブランド物や高級車などの「負債」ばかりを買っているといつまで経っても自分の時間を切り売りして働き続けないといけないことになりますし、お金を稼ぐためにやりたくない仕事もやらないといけません。

 

自分はどちらがいいかしっかり考えてお金の使い方を考え直してみましょう。

 

私は断然前者がいいです!w

 

それではまたなにかしらの記事でお会いしましょう!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました