楽天スーパーホーダイに変えてみて感じたメリット、デメリット

節約

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

以前に固定費削減のため格安SIM使いましょうという記事を書きました。

 

私は1年ぐらい前に大手キャリアから格安SIMの楽天モバイルに乗り換えました。

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルには大きく分けて下の2つの料金体系があります。

 

組み合わせプラン

スーパーホーダイ

 

 

私はもともと組み合わせプランを使っていたのですが、最近スーパーホーダイに変えました

 

今日はその感想について書きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

組み合わせプランとは

まず私がもともと契約していた、組み合わせプランというのは

下の図のように通信容量に応じて月額の基本料金が決まっており、そこに適宜オプションをつけていくという形になります。

 

 

オプションはどんなの?付ける必要あるの?

オプションはどんなものがあるかというと、壊れたときの保証や、安心リモートサポートなど不要なものがほとんどです。

 

こんなのをポンポンつけてたら大手キャリアと大差無くなっちゃうので、私は何もつけませんでした。

 

今の時代、スマホなんてそうそう壊れないし、安い端末だっていくらでもあるので壊れたら買えばいいかの精神でやってますが、までの人生で「保証サポートつけててよかったー」と思ったことは一度もないので、つけませんでした。

 

 

でんわ10分かけ放題

 

組み合わせプランの中でも唯一つけるかどうか悩むのが

「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」

だと思います。10分以内の電話ならどれだけかけても

月額850円というものです。

 

もしつけない場合だと、楽天でんわというアプリを経由したとしても

10円/30秒

かかってしまいます。

 

なので電話を月に

850円÷10円×30秒÷60=42.5分

以上掛ける人にとってはつけてもいいプランだと思います。

 

僕は過去のデータを見てみると全くそんなことはなかったのでつけませんでした。

(はいそこ!友達がいないとか言わない!!)

正直今やLINEの通話で事足りてしまいますからね。

 

 

スーパーホーダイ

そしてスーパーホーダイというのはデータも通話も使い放題というプランです。

 

しかしデータ通信は下記のプランの高速通信容量を使い切ったあとは1Mbpsと速度が落ちてしまいます。

通話に関しては、先程の10分以内のかけ放題がオプションではなくもとからついてくるということになります。

 

 

 

デメリットは?

一番のデメリットはスーパーホーダイには最低利用期間があり、その期間内に解約すると9,800円かかってしまうのです。

 

 

しかしスーパーホーダイには下記のように割引がいくつかあります。

 

なので長期割のことだけで考えても、最低利用3年契約にしたら、10ヶ月使えば割引分で10,000円となるわけですから、契約解除料分のもとはとれるのでそこまで気にしなくてもいいかなとも思います。

 

 

スーパーホーダイに変えた理由

はじめ私が契約したときは、組み合わせプランで入りました。

そして昨年末からスーパーホーダイに変えました

 

その理由と変えた感想についてお話していきたいと思います。

 

通信容量

まず大きな理由がこちらです。

ネットサーフィンやTwitterをやっているとどんどん通信容量は食われていきます。

私の場合、毎月5GBでは微妙に足らずに、10GBのプランにしていました。

 

なので月額の基本料金が2960円(税別)となります。

 

そして組み合わせプランの場合、通信容量を使い切ったら、

通信速度は200kbps となってしまいます。

 

こうやって書かれてもあまりわからないかもしれないですが、ネットすらろくにできませんし、動画なんてもっての外です。

 

足りなくなったら少しずつ(100MB、500MB、1GB)購入することができます。

 

しかし1GBでも980円(税別)

と割高となりますのでちゃんと通信容量は考えて契約プランを考えないといけません。

 

僕の使い方としては動画をガンガンで見るわけでもないですが、出先でブログを書いたりするときにスマホのデザリングで通信しています。

なのでスーパーホーダイにしたら、1Mbpsとある程度低速であっても、通信容量使い放題というのは非常に魅力的でした。

 

 

通話料金

私は組み合わせプランのときはかけ放題に入っていないので、かけた分だけ料金がかかるプランになっていました。

 

だいたい毎月400~500円ぐらいでしたので、月額850円のかけ放題に入るよりは安いためこれでいいはいいのですが、一つ問題がありました。

 

これです!!

いくらかけ放題よりも値段が安いと言っても、かけたくもない仕事の電話で病院にかけ直すのにそれで通話料が徐々に取られていくというのが非常にストレスでしたw

 

なので、はじめからかけ放題がついていて通信容量も使い放題、値段もそこそこのスーパーホーダイに変更しました。

 

 

スーパーホーダイに変えてみて

スーパーホーダイの場合、もとからついてくる通信容量は少なめですが、

低速モードでも1Mbpsで通信できるというのが大きなメリットのひとつです。

 

しかしその速度がどんなもんかわからないのが非常に心配でした。

 

1Mbpsじゃ何もできないってなったら結局ある程度通信容量買わないといけなくなります。

そうなると結果として結局高くなってしまう可能性があったからです。

 

結論からいうと「満足ではないけど、まぁ許容範囲」

というのがリアルな感想ですw 

わかりくくてすいません。

 

以前の記事にも書いたように12時、18時頃にはめちゃめちゃ重たくなりますので、ネットサーフィンもしたくなくなるぐらいですw

ですがそれ以外の時間帯であれば、そこまでストレスなくTwitterやネットもできます

 

動画は画質落としても読み込みに時間が少しかかるので、動画ガンガン見る人にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

料金としては組み合わせプラン時代から1000円近く安くなって月額2500円ぐらいで運用できているので、固定費削減効果としては概ね満足しています。

 

そして病院への電話の掛け直しのトレスも少なくなりました(電話かけること自体は嫌なことには変わりませんがw)

 

楽天スーパーホーダイすべての人におすすめではありませんが、家にWi-Fi環境があるひとや、動画はあまり見ずにネットやSNSぐらいしかやらないと言う人にはコスト削減に役立ってくれると思います。

 

それではまた何かしらの記事でお会いしましょう!!!

 

 

 

節約
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました