【2019年】QR決済戦国時代!!PayPay、楽天Pay、OrigamiPay、メルペイ、LinePayぞれぞれの特徴とオススメのQR決済は?

オススメ

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

みなさんは〇〇Payは使われていますか?今はかなり沢山のQRコード決済の〇〇Payが乱立していて戦国時代の様相を呈しています。

 

使える場所や、連携できるカード、限度額、ポイントなどバラバラで混乱しますよね。

実際私もすべてを把握しているわけじゃないですし、一番オトクな方法で決済できていない場面もたくさんあるかと思います。

 

今日はそんな戦国時代での生き延びるためにそれぞれのPayの特徴などをまとめていきたいと思います。

 

もし、記事読むのが面倒という方は、最後の一覧表見てもらえればいいかと思います(笑)

 

 

スポンサーリンク

比較条件

通常時の還元率

〇〇Payの特徴として頻繁にキャンペーンなどが行われており、使われる店などで還元率が変わったりしますがこの記事での還元ポイントなどはキャンペーンなどの特殊な期間ではなく、通常時のもので考えていきますので、ご了承ください!

 

クレジットカードを連携させて支払い

できるだけお得に使いたいという前提があるので、支払い方法も銀行口座などから残高にチャージするのではなく、クレジットカードと連携させて、クレジットカードのポイントも二重取りするということでお話していきます。

 

クレジットカードの還元率は1%とする

そして特に銘柄の指定をしていないクレジットカードの場合は還元率が1%のクレジットカードを使っていると仮定してお話していきます。

 

使える場所はコンビニで比較

使える場所はにだいぶ差がありますが、一番QRコード決済を行う可能性のあるコンビニで比較していきたいと思います!!

 

それではいきましょう!!

 

 

PayPay

話題のスマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」とは?特徴やメリット、使い方を紹介!

まずはPayPayです。

昨年彗星のように登場し、100億還元キャンペーンを行い話題をかっさらって行きました。

そこで登録した人も多いのではないでしょうか。

 

連携できるカード

・Yahoo!JAPANカード(JCBカードはYahoo!JAPANカードのみ)

・VISAカード

・Mastercard

 

還元ポイント

Yahoo!JAPANカード払いにした場合の還元率は3%です。

しかし、Yahoo!JAPANカードでPayPay残高にチャージをして、そこから支払えば、チャージのときにもYahoo!JAPANカードの1%の還元が受け取れるので、合計4%になるのです!!

 

それ以外のカードの場合は0.5%となります。

還元率2%のKyashと還元率1%のクレジットカードを組み合わせた場合は最大3.5%の還元率となります。

 

限度額

上記の還元率だけを考えると通常クレカ+Kyashとの連携で3.5%になるから、Yahoo!JAPANカードより、そっちのほうがいいと思うかもしれませんが落とし穴があります!

 

PayPayに連携するクレジットは3Dセキュアと言われる本人認証をしないと限度額が1ヶ月の限度額が5000円になってしまうのです。

 

となると他の3Dセキュアに対応しているカードを連携させると、クレジットカードの還元率とPayPayの0.5%上乗せになるので、1.5%までとなってしまい、Yahoo!JAPANカードの半分になってしまうのです。

 

なので、PayPayをメインで使っていくのであればYahoo!JAPANカードがあったほうがいいでしょう。

 

PayPayのサイトより

 

使える場所

使えるお店は常時増えていきますのでコチラで確認ください。

 

使えるコンビニ

・セブンイレブン

・ファミリーマート

・ローソン(100円ローソン、ナチュラルローソン含む)

・ミニストップ

・セイコーマート

これを見るとコンビニのメジャーどころはPayPayですべてカバーされているといっても過言ではありませんので、なにか一つだけを導入したいという人はPayPayがいいのではないでしょうか。

 

 

楽天Pay

次は楽天Payです。

楽天経済圏という言葉があるぐらいで今は何でも楽天に集約させることができ、楽天ポイントをためてる人にとってはいい選択肢かもしれません。

連携できるカード

楽天カード(楽天カードならJCB、American Expressも可)

VISAカード

Mastercard

 

還元ポイント

楽天Payの還元ポイントは0.5%になります。

なので1%のクレジットカードと連携させれば1.5%となります。

楽天カードと連携させた場合にキャンペーンなどがあり、5%還元などの時期がありますが、通常時には楽天カードと連携させることによる、還元率のボーナスはないようです。

 

なので最大の還元率を目指した場合は、クレジットカードとKyashを組み合わせると3.5%の還元率になります!!

 

限度額

コンビニで使える限度額は一回あたり、一日あたりいずれも4,000円となります。

 

この限度額はコンビニごとの話なので、別々のコンビニでの1日の合計が4,000円を超えることは可能のようです。

 

使える場所

そして使えるお店はコチラになります。

 

コンビニなら

・ファミリーマート

・ローソン(100円ローソン、ナチュラルローソン含む)

・ミニストップ

・セイコーマート

・ポプラ

となります。

 

楽天ポイントがたまりますので、楽天ユーザーにとってはおすすめです!!

 

 

Origami Pay

スマホ決済サービスOrigami Pay(オリガミペイ)とは?特徴、使い方、仕組みを解説!

次はOrigami Payです。

あまりメジャーではないかもしれませんが、お得度が高いため、私はOrigamiPayが使えるお店では積極的に使っています。

 

連携できるカード

・VISA

・MasterCard

 

還元ポイント

Origami Payの場合は、今まで紹介したPayと違い、ポイントで還元されるものではありません。

決済のタイミングで割引されるのです!!

使う店によって割引率も変わってきますが、コンビニの場合は2%です。

 

クレジットカード+Kyashを連携させた時はトータルで5%になります!!(3%還元+2%割引)

 

これは他のQRコード決済と比べ群を抜いています。

ポイント還元だとポイントが使える場所が限られていたり、ポイントを失効したりする心配がありますが、決済時に割引されるので、取りっぱぐれることはありません!!

 

限度額

クレジットカード決済サービスの決済上限額は、1回あたり100万円未満。
銀行口座決済サービスの決済上限額は、1回あたり10万円以下となるので、他の決済手段と比べ限度額も大きいですね。

 

使える場所

使える場所はコチラで確認できます。

 

コンビニの場合

・ローソン

・ミニストップ

・セイコーマート

・ポプラ

他のQR決済と比べると、使えるお店が少ないのがデメリットですね。

ですが、割引率を考えると使えるお店では積極的に使っていくといいかと思います!!

 

 

 

メルペイ

メルペイはあのフリマアプリのメルカリが行っているサービスで、メルカリで売り上げたお金をそのままコンビニなどの決済に使えるというのものです。

 

実際メルカリの売上を出金して使おうとした場合、出金に200円かかってしまいますが、その手数料なく、メルペイにチャージできるので、メルカリで販売を行っている方にとってはメリットだと思います。

 

しかしクレジットカードからのチャージもできませんし、ポイント還元なども基本的にはありませんので、通常使っていく決済としては私の場合は選択肢に入らなかったです。

 

 

 

LINE Pay

 

そしてLINE Payです。

これもメルペイ同様クレジットカードからのチャージはできず、還元率に関しても使った額に応じて月の「カラー」が決まって、カラーごとに還元率が変わります。

 

還元率2%と一番が還元率が高いグリーンの場合は

支払い金額 : 10万円以上/月です。

還元率も最大で2%と微妙ですし、LINE Payだけで10万円も使わないでしょうし、これも候補からは外れました。

 

 

一覧表

正直これを見ていただければいいと思います(笑)

 
PayPay
楽天Pay
Origami Pay
連携カード
Yahoo!JAPANカード
VISA
Mastercard
楽天カードならブランド不問
VISA
Mastercard
VISA
Mastercard
還元率
YJカード:3%
PayPay残高で決済:3%
その他:0.5%
0.5%
2%割引
MAX還元
YJカードで残高にチャージし
残高から決済:1+3=4
クレカ+Kyash:3.5%
クレカ+Kyash:5%
限度額
本人認証なし:5,000円
本人認証あり
 1日:20,000円
 1ヶ月:50,000円
4,000円
クレカ: 100万円
銀行口座:10万円
使えるコンビニ
セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン系列
ミニストップ
セイコーマート
ファミリーマート
ローソン系列
ミニストップ
セイコーマート
ポプラ
ローソン
ミニストップ
セイコーマート
ポプラ

※クレジットカードは1%の還元率のものを使うと仮定

 

 

まとめ

ということで、候補には「PayPay」「楽天Pay」「Origami Pay」が選択肢に残りました。

 

この3つに関してはメリット、デメリットそれぞれありますので、できるだけ還元率も高くしていたいという方は使う店によって3つを使い分けるといいと思います。

 

もしひとつだけを導入するというのであれば、使えるお店の数と還元率を総合的に考えるとYahoo!JAPANカードを手に入れてPayPayですかね…。

 

私は今の所3つを使い分けて運用しています。

Kyashをメインで使っていきたいというのもありますし。

 

なのでPayPayは現在セブンイレブン専用決済方法になっています(笑)

 

今回の記事で少しでもQRコード決済についてわかってもらえたら嬉しいです。

 

それではまた何かしらの記事でおあいしましょう!!

 

連携させるKyash についての記事はこちら

 

 

 

オススメ
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました