紙の本?電子書籍?どっちが好きですか?

オススメ
こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。
 
みなさんは読書してますか?
 
私はもともとあまり本を読むタイプではなかったのですが、
2018年度から職場が変わり、時間的なゆとりが以前より出来たので、医学書以外の本も積極的に読むようになりました。
 
 
そして職場のすぐ近くに図書館があり、今まで図書館なんて使ったことなかったですが、居心地もよく結構な頻度で通っています。
 

図書館には最新刊はないですが、比較的新しい本もあり、登録しておけばネット上で検索や予約もできるのでとても便利です。

 

■
 
 
図書館で借りた本で気に入った本があれば手元においておくために買うことも多いです。
 
 
 
スポンサーリンク

紙の本?電子書籍?

さて、みなさんは新しい本を買うときは紙の本と電子書籍のどちらを選びますか?
 
今はAmazon楽天などでも積極的に電子書籍を扱っており、熾烈な電子書籍戦争が起こっています。
 
私も欲しい本ができたときは電子書籍で買うか、紙の本で買うかはかなり迷います。
 
 
 

電子書籍のメリット

持ち運びに便利で、かさばらない

一番のメリットはなんといってもこれではないでしょうか。
 
ダウンロードしてしまえば何冊も小さな端末で持ち運べますし、
本棚などを圧迫することはないので、収納場所を気にする必要はありません
 
 
端末の容量がいっぱいになったとしても読み終わった本を消してダウンロードすればいいですし、消したものもいつでも再ダウンロードできるので、実質無限の本棚を手に入れたのと同じです。
 
↓こんな量の本が持ち運べるなんて素敵じゃないですか?

「おしゃれ 図書館」の画像検索結果

 

そして旅行や学会などで遠出する際にも、持っていく本を吟味して「重たいからやめとくか」ということはなくなります。

 
 

読みたい!と思ったらすぐ読める

これも大きいメリットです。
 
読みたいなと思ったらボタンクリックすれば、数分ダウンロードをまてばすぐに読めてしまいます。
 
今はもし紙の本を買うとしたらAmazonや楽天ブックなどネットで買う人が多いと思います。
そうするとほしいと思って注文しても早くても翌日、だいたい2.3日はかかります。
 
そうすると届いた頃には読みたい熱は少し冷めていることもよくあります。
「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、読みたいタイミングを逃さないというのも大事なことです。
 
 

Amazonのサービスを有効活用しよう

私は昔からAmazonのプライム会員です。
プライム会員だと、Prime Readingというサービスで何百冊もの本を追加料金無しで無料で読むこともできます。
 
その中にはホリエモンの「多動力」や
お金2.0」などの本も無料で読むことができますので、プライム会員の方は是非一度利用してみてください。
 
 
また月額で980円払えばKindle Unlimitedというサービスがあり、これだと和書だけで12万冊も読み放題になります。
 
 
 
 

Kindle Paperwhite

そしてAmazonの電子書籍を最大限に利用するために電子書籍端末の
「Kindle Paperwhite」を買いました。
私は32GBの広告なしのモデルを買いました
 
created by Rinker
Amazon
¥17,980 (2019/09/14 17:43:02時点 Amazon調べ-詳細)
 
 
 
Kindle Paperwhiteの容量は8GBと32GBの2種類があります。
 
普通の実用書だと5~10MBぐらいなので、8GBモデルでも800冊ぐらい入ります。
 
しかし漫画だと絵が中心であるため容量が多く50~70MBぐらいあるので、
8GBモデルだと110~160冊ぐらいしか入りません
 
 
そうなると私の大好きな「こち亀」が全巻入りません(笑)
 
 
 
 
読んで消してをすればいいのですが、ずっと入れておきたいタイプなので、32GBにしました。
 
 
そして「Kindle paper white」は最近モデルチェンジされ防水になったみたいなのでお風呂で本を読みたい人にはぴったりではないでしょうか。
 
そしてKindleはAmazonのセールのときにかなり安くなることが多いので安く手に入れたい方はAmazonのセールをチェックしてみてください。
 
 
 

E-inkは読みやすい

Kindle を買う前は電子書籍をスマホやタブレットで読んでいたのですが、
 
目も疲れますし、どうも内容が入ってこないといいますか、文字面をおっているだけで、集中して読めてなかったんで、結構苦手でした。
 
 
しかしKindleはE-inkという技術を使っています。
難しいことはわかりませんが、E-inkだと紙の本と変わらない感覚で読めるので、電子書籍に対する苦手意識はなくなりました。
 
 

電子書籍リーダーのイラスト

 

 
 
 

電子書籍のデメリット

規格がたくさんある

これは自分としては大きな問題です。
 
大きく分けると、Amazon、楽天、その他(ebookなど)に分かれるのですが、
 
それぞれが独自の電子書籍端末を出しています。

AmazonならKindleならKoboといった感じです。

 

Kobo Aura H2O Edition 2(ブラック)

価格:19,980円
(2018/11/30 18:06時点)
感想(3件)

 
 
スマホやタブレットであればすべて一台で完結しますが、アプリをそれぞれ入れないといけないですし、複数のアプリに分かれていると、
 
Oden
Oden

あの本どっちで買ったっけ?

って事になりかねません。
 
 
例えばAmazonである漫画の1巻を買って、新刊が出たからと急いで楽天で買ったりしたら、アプリを行き来しなければならないのはストレスですし、
 
そのゴチャゴチャ感はA型的には許せないので、Amazonできっと買いなおすでしょう(^_^;)
 
そういうストレスを感じたくないので私は最初に電子書籍はAmazon一本でいく!と決めました。
 
楽天だとAmazonに比べてポイントがたくさんつきますし、漫画なども安い印象があります
 
 
あと考えないといけないのは、電子書籍というのは所有権は販売会社にあるため、もし運営会社が潰れたり、急にサービスを停止しますと言われたら今まで買ってきたものが無に帰してしまう可能性もあります。
 
Amazonも楽天もかなりの大手なので潰れるということはなさそうなので、ポイント制度や端末などの好みで選んだらいいと思います。
 
 
 

売れない

私は本をよく読むようになってからは、目的の本がなくてもと本屋をプラプラするのが好きになりました。
 
Oden
Oden

最近はどんな本が人気なのかなぁ

Amazonなどでネットサーフィンしながら探すのとはまた違う趣があります。
 
 
そしてリアル本屋というのは気になる本があれば、ちょっと立ち読みしてどんな感じか確かめることもできます。
 
なので買ってみて思ってたのと大幅に違ったということはないかと思います。
しかしネットで本を買う場合だと、買ったあとにがっかりするような内容だったという可能性もあります。
 
 
紙の本であれば最悪売ると言う選択肢が取れますが、電子書籍だと売ることも出来ないため、ある意味「泣き寝入り」するしかないこともありえます。
 
 

パラパラめくれない

意外とこれはデメリットかもしれません。
紙の本だと、何がどのへんに書いてあったなと画像的に覚えていることがあり、あとから振り返りたい時にパラパラめくって見つけることができます。
 
しかし電子書籍の場合だとそれができないので、あとで見直す可能性があるようなところにブックマークしておくなどの工夫が必要になります。
 
 
ちなみに医学書はニーズが少ないせいか電子書籍は最近少しずつでてきていますが、基本的には紙媒体です。
 
医学書は何か調べたいときに辞書的な使い方をするものも多く、パラパラめくりながらのほうが探すのが楽だと思うので、私は医学書はこれからも紙媒体で買うと思います。
 
 
Twitterで医クラの方々のおすすめ図書はこちら
 
 
 

まとめ

長々と書き綴ってきましたが、お気づきの方も多いかと思いますが、
 
本日は電子書籍と紙の本のどっちがいい!とかいうものではありません。
どっちもいいところ、悪いところがあるため、私にはどっちかを選ぶことは出来ませんでした(笑)
 
なんだかまとまりがないブログとなってしまい申し訳ありません。
 
 
しかし私は以前は電子書籍を食わず嫌いしていましたが、今は完全に選択肢の1つです!
 
なので、今まで電子書籍が苦手だった方も是非E-inkを使用した電子書籍端末で読書をすると新しい世界が開けるかもしれません。
 
 
それではまた何かしらの記事で!!
 
 
created by Rinker
Amazon
¥17,980 (2019/09/14 17:43:02時点 Amazon調べ-詳細)
 
 

Kobo Aura H2O Edition 2(ブラック)

価格:19,980円
(2018/11/30 18:06時点)
感想(3件)

オススメ
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました