マネーフォワードは便利!!家計簿をつけよう!!

節約
スポンサーリンク

家計簿ってめんどいですよね

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

さて突然ですがみなさん家計簿つけていますか?

 

私は小学生の頃に親に言われて、お年玉やお小遣いを何に使ったかを書くように子供用の家計簿ノートを渡されたことがありますが、1ページも書ききらないうちにやめてしまいました(笑)

 

それから何度かチャレンジしたことがありますが、ことごとく失敗しております。

一番のネックとなるのは、家計簿をアナログで付ける場合レシートをとっておかないと金額がわからないですし、自販機などでジュースを買ったりしたらレシートもでないので、使った金額と内容を覚えておかないといけません。

 

そうなると、頑張って挑戦しても、「使途不明金」が出てきて嫌になって3日坊主で終わってしまう方も多いかと思います。

 

そして医者の場合は収入も比較的高い場合が多く、節約をしないと生活にすら困るということがあまりないため、自分の支出に無頓着な方が多いと思います。

 

私もかつては好き勝手に欲しいものを買ったり、値段をあまり気にせず食べたいものを食べたりしていたので、食費にいくら使っているのか、飲み会やAmazonでの買い物にいくら使っているのかなど全く把握しておりませんでした。

 

なので貯金も全然できていませんでした。

 

しかしこんなずぼら極まりない私でも2年以上家計簿をつけ続けることに成功しています。

そう!タイトルにもあるようにマネーフォワードを使って続けています。

 

 

マネーフォワードってなに?

「マネーフォワード」の画像検索結果

無料で簡単家計簿アプリ|マネーフォワード ME
マネーフォワード MEは、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を連携し、家計簿を自動で作成します。iOS、Androidアプリでいつでも家計簿をチェックできます。

 

マネーフォワードとはなにかというとざっくり言ってしまえば、オンライン上で管理できる家計簿です。

(※現在は個人用のマネフォワードは「マネーフォワードME」という名称になっています。)

 

それならエクセルなんかで自分でつけてネット上で管理するのと変わらないかと思われるかもしれません。

 

しかし!!!!

マネーフォワードでは金融機関や、クレジットカード、インターネット通販サイト、ポイント、仮想通貨の口座まで様々な金融関連のものを自分のアカウントに登録することができます。(無料版だと10個まで)

 

そしてその登録したカードなどで買い物をするとその情報が自動で更新されて、家計簿を自動で作ってくれるのです!!!

銀行やカードをつなげばお金の流れを自動でグラフ化!

↑こんな感じで円グラフで作ってくれるので、ひと目で何にどれくらい使っているのかがわかります。

 

 

マネーフォワードのメリット

私が1年間使ってみて感じたメリットは

  • 何にどれくらいつかっているのかがひと目でわかる
  • クレジットカードの引き落とし額を事前に教えてくれる
  • 資産を一覧で把握することができる
  • 電子マネーやデビットカードでの支払いも即座に反映してくれる
  • キャッシュレスと相性がとてもいい

 

何にどれくらい使っているかがひと目でわかる

これはさきほどの画像にもあったように円グラフで表示されますし、食費にいくら(支出の何%)などがわかります。

そして無料版でも過去1年間のデータが残るので前月などとの比較をすることも可能なので「今月使いすぎたな」とか、「今月は抑えられたぞ」などがわかり、モチベーションにつながります。

 

クレジットカードの引き落とし額を事前に教えてくれる

クレジットカードの引き落とし口座をメイン口座などど分けている場合、口座の残高が引き落とし額よリ少なくて引き落としされなかったことはありませんか?

 

一回だけならなにもないかもしれませんが何度も引き落とし日に引き落とされないことが続くと、信用機関に情報が残るので、クレジットカードを新たに作ったりするのに不利になってしまう可能性もあります。

 

マネーフォワードでは引き落とし額が確定されたらアプリ上で確認することができます。

マネーフォワード使うまではわざわざクレジットカードのホームページに行って、ログインして引き落とし額を確認しなければなりませんでしたが、その手間がなくなるためとっても便利です。

 

資産を一覧で把握することができる

銀行口座や証券会社の情報を紐づけしておけば現在の資産額が簡単にわかります!!

そしてその中でも「現金が何%、投資信託が何%、株式が何%」というのもグラフでひと目でわかります。

 

資産の額が右肩上がりで増えていくのを見ると頑張りが目に見えて嬉しくなってしまいますよね(笑)

 

電子マネーやデビットカードでの支払いも即座に反映してくれる

電子マネーやデビットカードで支払いをした場合情報が反映されます。

なので電子マネーの残高も表示されるため忘れずにチャージできるのでレジに行って払おうとしたら足りないなどのことがなくなります。

 

キャッシュレスと相性がとてもいい

私が一番大きい思っているメリットがこれです。

 

クレジットカードや電子マネーなどで決済をした場合には自動で情報を更新してくれて、内容をみて分類もしてくれる(たまに間違えるときもありますが)ので、わざわざ金額などを打ち込む必要がありません。

 

むしろ現金を使うと、手打ちをしないといけないので、それが面倒くさくてカードや電子マネーを積極的に使うようになります

 

カードや電子マネーだと使用額に応じてポイントがつくものがあるので、さらにお得になりますからいいことづくめですね!!

 

現在キャッスレス化が進んでいるとは言え、まだまだ現金しか使えないお店も多いです。(美味しい個人の飲食店はクレジットカードが使えないことも多々あります。)

 

なのでそこに関しては忘れずに記録をしないといけませんね。

 

以上が私が感じているメリットになります。

 

 

デメリット

正直自分が使っている上でデメリットというのは殆どないのですが、変えてくれたら更に良くなるのにというのが1点だけ。

 

それは資産表示のときに「ドル」であっても「ドル建てのETF」などでも全て日本円に換算されて表示されるのです。

 

自分が今ドル建て資産をいくら持っているのかがアプリ上ではわからないのでもしこれが、

「日本円:〇〇円、ドル:■■$、ユーロ:△△€、ETF:〇〇$」などと表示されれば最高だと思います!

総額の日本円表示もとてもありがたいのでタップで表示を切り替えられるようにしてくれればもう何もいうことはありません!!笑

 

 

有料版にする必要があるか?

マネーフォワードを使っていると、月額500円で有料会員にアップグレードすることができます。

何ができるかというと、

  • 連携機関の一括更新をしてくれる
  • 連携するカードや銀行口座に制限がない
  • 一年以上前のデータも参照できる
  • 資産レポートを自動作成してくれる

などがあります。

 

最近紐付けする口座が増えたりしてきたので、有料版を使っていますが、正直この機能が月額500円なら安いと思います!!

 

紐付け口座が少ないうちは無料版でも十分に使えると思います!!

 

 

セキュリティは大丈夫なの?

銀行の口座やクレジットカードの情報をアプリに入力するのは心配!

という方もいるかも知れません。

 

しかしマネーフォワードに入力する情報はログインに必要な情報だけですので、実際に他の銀行に振り込んだり、引き出したりするときに必要な情報を入力することはありません。

 

そしてその情報も暗号化されて保管されているので安心ですね。

詳しく知りたい方はコチラ↓

【安心のセキュリティ体制】

 

 

まとめ

マネーフォワードを使うことによって、ずぼらで面倒くさがりの人でも継続して家計簿をつけることができると思います。

 

それによって自分のお金の使い方を見つめ直すことができて、節約につながりますし、資産形成の第一歩になると思います!!

 

節約・貯蓄体質になるためには本多静六先生の「私の財産告白」がおすすめです。

また機会があれば詳しく紹介したいと思います!!

 

私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多静六 ]

価格:514円
(2018/11/13 21:21時点)
感想(4件)

電子書籍版はこちら

私の財産告白【電子書籍】[ 本多静六 ]

価格:410円
(2018/11/13 21:23時点)
感想(1件)


それではまた何かしらの記事でお会いしましょう!!

 

 

【コチラもあわせてどうぞ】

キャッシュレス化するにはQRコード決済の導入を

 

連携させるだけでクレジットカードの還元率が+2%!「Kyash」を使いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました