Kyashを実際に使って感じたメリット・デメリット

お金のこと
こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。
突然ですが、みなさん「Kyash」は使ってますか??
とにかくもうすごいんです!!(語彙力)
現在日本では東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が進んできており、〇〇Payが乱立しておりますが、クレジットカードは使っているという方は多いのではないでしょうか。
今回はそのクレジットカードと組み合わせるだけで驚異的な力を発揮するバーチャルプリペイドカードの「Kyash」についてお話していきたいと思います!!!!
スポンサーリンク

Kyashとは

Kyash」とはバーチャルVISAプリペイドカードで、決済をするためのスマホのアプリです。
最近はQR決済の〇〇Payが乱立していますが、それとはまた別物と考えたほうがいいです。
仕組みとしては、アプリをダウンロードすると、自分のスマホ内にバーチャルのプリペイドカードが割り当てられます。
そしてそのアプリ内のバーチャルカードにチャージをすることで、その残高内であればそのカード番号を使ってオンラインショップの決済などができるのです。
【チャージ方法】
登録カードでの自動チャージ
コンビニチャージ
セブン銀行ATMチャージ
銀行ATMチャージ
↓この画像のようにアプリ内で残高やカード番号が確認できます。

リアルカードがある

オンライン決済しか使えないのかと思ったかもしれませんが、Kyashには「リアルカード」があります。
リアルカードがあるということはオンラインだけでなく、実店舗でも使えるということです!!
Kyashのサイトの申し込みフォームがあるのでそちらから申し込むとだいたい2週間程度でカードが届きます。
さらにプリペイドカードなので、審査もないですし、申込内容に不備さえなければ誰にでも(年齢制限もなし!!)作ることができます。
届いたリアルカードとアプリ内のバーチャルカードのカード番号は違いますが、アプリ経由でリアルカードを有効化することで、アプリ内のカード番号もリアルカードと同じなります。

Kyashのメリット

ここまでの説明を聞くと、ただのプリペイドカードじゃないかと思われたかもしれませんが、ここからメリットについて存分にお話していきます。
これが読み終わる頃には気がついたらアプリのダウンロードは終わっていることでしょう(笑)

VISAブランドなのでどこでも使える

関連画像
このKyashはVISAブランドなので、JCBやMasterCardだと使えないお店がたまにありますが、VISAであればクレジットカードが使えるお店であれば、ほとんどどこでも使えることになります。

驚異の還元率2%

これが最大のメリットと言っても過言ではありません!!
現在クレジットカードの還元率は1%程度であり、良くても1.5%ぐらいなものだと思います。
もちろんカードを発行している会社絡みのショップなどで還元率が上がるところはありますが、限定的であり、どこで使っても適応される還元率としては1%ぐらいではないでしょうか。
しかしこのKyashは驚異の還元率2%です!
しかも使い所が限定されているポイントではなく、プリペイドカードの残高にそのままキャッシュバックされます。
そしてKyashがどこででも使えるということは、現金がもらえるのと同じなのです!
キャッシュバックは
当月1日から末日ご利用の対象分を翌月25日から末日までに付与いたします。
Kyashサイトより
なので、7月に使った分のキャッシュバックは8月末に付与されることになります。
 

クレジットカードとの二重取りが可能!!

そしてさらに上記でチャージ方法を見ていただきましたが、コンビニや銀行でチャージした場合にはKyashでの2%の還元率までです。
しかしクレジットカードをKyashと紐付けしておけば、クレジットカードからKyashにチャージする時にもクレジットカードのポイントが付くのです。
なので、もともとお持ちのクレジットカードの還元率が1%の場合Kyashに連携させて、Kyashで支払うことで合計3%の還元となるのです!!!!

個人間の送金が楽!(割り勘にもってこい)

Kyashを使っている人同士の場合にはアプリ内で送金が可能です。
1円単位で送金できますので、割り勘などで端数がでてしまっても全く問題ないのです。
今まで飲み会で割り勘する時には、
一人あたりいくらずつにするのか、お金を集めて、1万円札しかないという人にはお釣り返して、お釣りの小銭がないから店にお願いして崩してもらって、それが面倒くさいから多めに渡して……
とかやってましたが、Kyashのアプリをみんなが持っていればその必要もなくなります。
なのでこれからオフ会をするときはKyash必須ということにしませんか?(笑)

利用額がすぐわかる

Kyashは使った瞬間にアプリに通知が来ます。
マネーフォワードを使っている方ならわかると思いますが、クレジットカードの場合は使ってから、利用明細が反映されるには2週間ほどのタイムラグがあります。
ということは、月末に使ったものが翌月半ばに反映されることがあるので、マネーフォワード経由で家計簿などをつけていると、その月が終わってすぐに集計しても後から利用明細が飛んでくる場合があり、意外と気になってしまいます。
しかしKyashの場合は利用明細が即座に反映されますので、家計簿管理がより楽になります!

年会費、手数料無料

Kyashは年会費も、リアルカードを発行するのも完全無料です。
なのでKyashに対しては1円も払うことなく、この素晴らしいメリットを享受出来るのです。
これは使わない手はないですね!!

デメリット

決済できない時がある

デメリットとしてはほとんどないですが、プリペイドカードという性質上、決済できない場所があります。
またクレジットカードのように暗証番号がないので、暗証番号が必須のところでは使えません。
今まで自分の経験で使えなかったところを上げていきます。
もし他にもあるようでしたら教えて下さい。
  • ガソリンスタンド
  • 新幹線の券売機(自動券売機では暗証番号必須のため)
  • タクシー(基本的に使えますが、数回使えないときがありました。タクシー会社によるのかもしれません)
このように出してみたはいいけど、使えないこともありますので、Kyashのカードだけを持ち歩くのは少々リスクがあると思われます。
別のカードも持っておいたほうが無難だと思います。
一回通してもらって無理そうなら粘らずにサッと次のカードを出しましょう。

サインが必要

クレジットカードと同じような扱いなので、サインが必要です。
なのでiDやSuicaのようなタッチ決済で済むものに比べると多少の手間はかかってしまいます。
これに関してはクレジットカードと同じですが前述のように暗証番号がないので、サインが必須です。

利用額に制限がある

バーチャルカードでもリアルカードでも1ヶ月間での利用限度額は12万円までとなっています。
【利用限度額】
カードの種類 1回あたり 24時間あたり 1ヶ月あたり
バーチャルカード 3万円 ※1 3万円 ※1 12万円 ※2
リアルカード 5万円 5万円 12万円
※1:本人認証が済んでいない場合は5千円
※2:本人認証が済んでいない場合は2万円
そしてさらにカード自体の限度額もあるようです。
* 有効期限は5年
* 有効期限内の利用限度額は100万円
有効期限内での利用が100万円を超える際には、Kyash Visaカードを更新することで継続してご利用可能でございます。
上限が近くなったお客さまには弊社よりご案内を差し上げます。
Kyashサイトより
これは今回調べるまで知りませんでした。
なので毎月12万円の満額使っている方は、8ヶ月ほどで有効期限内の利用限度額に達してしまう計算になるので、その都度更新が必要になるようです。

クレジットカードの明細は「Kyash」と表示される

あとクレジットカードのみをマネーフォワードと紐付けしてKyashを紐付けしないと、請求内容がクレジットカード側の「Kyash」しか来ないので、何に使ったかわかりません。
なので、マネーフォワードとKyashは必ず紐付けるようにしましょう!

キャッシュバック対象外となるものもある

以下のものは決済はできてもキャッシュバックの対象となりません。
寄付系や公共料金のものはダメみたいですね
・お買い物キャンセルとなった決済(一部キャンセルが生じた決済も含みます)
 ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
・カード有効性チェックでの減算
前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
 WAON/nanaco/楽天Edyなど
・モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ ※
・Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ ※
交通系電子マネー
 PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど
・寄付のお支払い
・公共料金のお支払い
各種税金、ふるさと納税のお支払い
・年金のお支払い
・Yahoo!公金支払い
・金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
 また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入

よくある疑問点

カード名義やサインはどうしたらいいのか?

リアルカードには自分の名義は入っておらず「KYASH MEMBER」としか書いてありません。
オンラインサイトなどで使用する場合は「自分の名前」か、 「KYASH MEMBER」と書けばいいようです。
また店舗でサインを求められた場合にも自分の名前を書けば問題ありません。

まとめ

Kyashは作ることに費用もかかりませんし、Kyashを経由させるだけで、2%の還元が乗っかることになるので、やらない理由はありません!!!!
そしてオンラインサイトだけでなく、実店舗でも使えるリアルカードは必ず申し込みましょう!
それではまた何かしらの記事でお会いしましょう!!
Kyashは家計簿アプリマネーフォワードとも相性バッチリです。こちらの記事も参考にしてください。
https://nainai-doctor.com/moneyforward-benri

コメント

タイトルとURLをコピーしました