【実録】車を少しでも高く売るために②

節約

こんにちは。

先日「車を少しでも高く売りたいなら!」ということで自分が車の売却を決意するまでのお話をさせていただきました。

まだお読みでない方はこちらをどうぞ↓

【実録】車を少しでも高く売るために①
みなさん車もってますか? 最近自動運転自動車や、空飛ぶ自動車(それはもう自動車と言っていいのか)などの話が出てきており、個人が車を所有する時代ではなくなってくるのかもしれません。 しかし!! 現在まだまだ車社会です...

 

私、2017年頃からようやく資産運用やお金の使い方を少しずつ勉強しはじめたのですが、そこで学んだことの超重要な1つはいかに固定費を安くして、出費を減らし貯蓄を行い資産に投資していけるか!!ということでした。

 

前回お話したように職場が変わるまでは車のローンを払っても貯蓄はできていたので見て見ぬふりをしてきたのですが、職場が変わり給料が減ったところでローンの重さが見逃せなくなってきたので、車売却を決意し動き出しました。

 

まずは現時点でいくらローンが残っているかということをディーラーに聞いて見ました。

そうすると、あと250万円残っているとのことでした。

 

もともと650万円で買っているので400万ぐらい払った計算になりますね。

車売ったとしても片田舎では車なしの生活は考えられないので、新たに次の車を購入しないといけません。

次はローンはゴメンだと言うことで、ニコニコ現金一括払いをしようと思っていました。

そしてできるだけ手持ちの貯金から出したくないと考えていたので、ローンを払った差額で新しい車を買おうと思っていました。

 

売る前までは新車で650万で買って、事故もしていないし2年ぐらいしか立ってないから450万ぐらいで売れるんじゃね?そしたら200万は残るしある程度の車買えるんじゃないかと考えていました。

 

いやぁ甘いですねぇ、インドのクラブジャムンぐらい甘いですねぇ。

え?クラブジャムンが何かって?インドのお菓子で揚げたボール状のドーナツを極甘のシロップに浸けたもので一口食べたら二口目がためらわれるぐらい甘いお菓子のようです。

「クラブジャムンとは」の画像検索結果

引用元:えん食べ

わざわざ甘いということを言いたいがために検索してまいりました(笑)

 

 

話を戻します。

そのためできるだけ高く車を売るためにどこで売ろうかいろいろ検索していました。

一括査定サイトは車種や年式、走行距離などをネット上で打ち込むだけである程度の値段を出してくれ、そこから中古車販売業者から連絡がきて、個別査定などを行ってもらうものです。

一括査定サイトは自分から連絡とらなくても何社か見積もりに来てくれるから楽だというメリットがありますが、個人情報がいろんな業者に知れ渡ってしまうことがあり、口コミなどを見ていると、登録した瞬間から中古車販売業者から電話がなり続け、売却後も連絡がきたりするという意見も目にしたのでできるだけ使いたくないなと思っていました。

 

そこで探していると良いサイトがありました。

 

それが「ユーカーパック」です。

《公式》ユーカーパック|話題の車買取・車査定で車が高く売れる
ユーカーパックなら車の買取価格がぐんぐん上がる!ユーカーパックの中古車査定「Ucar査定」は1回査定を受けるだけで、たくさんの買取会社から価格掲示を受けることができる、お得で安心お手軽な日本初の買取代行サービスです。

ローラさんのビシッと決めておりますね。

このサイトは何が違うかと言うと、まずこのサイトに登録すると連絡が来て近くにあるユーカーパック提携ガソリンスタンドに車を持っていくか査定員が自宅に来てくれて、会社の規定に基づいた査定を行ってくれます。

そしてその査定の情報や撮った写真などをもとに全国5000以上の買取会社に公開されオークション形式で入札され、決められた期限までに入った金額をもとに入札した業者と交渉していくと言うものでした。

 

これなら一箇所だけの登録ですし、それ以上に個人情報が広まる心配もありません。

これだ!と思い鼻息荒く登録し、電話にて査定の日程を決めました。

 

私の住んでいる場所の近くに提携のガソリンスタンドがないということで、査定員の方が来てくれることになりました。

 

できるだけ高値で評価してもらうために前日に手洗い洗車に持っていき、ピカピカにしてもらい当日を迎えました。

すごく感じの良い査定員の方でした。査定方法としては車の外観をチェックして傷がないかなど確認したり、車内の設備に不備はないか、カーナビやパワーウィンドウが動くか、座席も動くかなど用紙にチェックしながら行われました。

査定中も「かっこいい車ですね~」「売るのもったいないですね~」などと言ってくれ、私は鼻高々で、さぞ高値で取引されるであろうと思っていました。

 

そして査定が終わり、オークションに出す日にちになりました。ユーカーパックでは自分で価格を設定し、それより上回った金額を提示した業者がいたら売らなければならないというシステムがあり、電話で担当の人と価格の相談しました。

 

担当「いくらで設定しますか?」

私「元値が650万円だったので、450万円ぐらいですかね。」

担当「・・・450万円ですか。まぁそれで行ってみましょうか。」

なんだか変な間がありましたが、その時はそんなことは全く気にしていませんでした。

 

そしてオークション当日には朝から夕方までの間に業者による入札が行われ、適宜現在の入札状況がサイトのマイページから見れるようになっています。

平日に入札が行われるので、普通に勤務の日でしたが仕事が手につかず気が気じゃなかったです。

昼休憩のとき見てみると、入札はゼロ!!!

 

 

担当の人の話だと「入札業者もはじめは他のでかたを伺うので入札があるのは最後のほうですよ。」とのことでしたので、まぁこんなもんかと

「仙道 まだ」の画像検索結果

やっぱり仙道さんや!!頼りになるわ!!

 

ってことで、オークション締切ギリギリになって数件入札がありました。

ドキドキしながら値段を見てみると。最高価格は

 

250万円!!!

は?

元値の半額以下やないかい。

まさに膝から崩れ落ちるような感覚でした。

 

その後担当から電話がかかってきて「どうされますか?売りますか?」

と言われました。あの450万円と言った時の間はこれかと思い知らされました。

 

250万円で売ったら、ローン支払いで終わってしまい、次の車が買えません。

買えたとしてもキックボードぐらいなもんでしょう。

 

「キックボード」の画像検索結果

 

こんなんで通勤したらあの先生頭がおかしくなったと言われるのは確実です。

なんならやめさせられるかもしれません。

 

流石にこの値段では売れませんと担当に話すと、「一番高値を出したところを少し交渉してみます。もしかしたら値上げできるかもしれません。」と言われたので是非とお願いしました。

 

またまた長くなってきました。

 

次回へ続く

節約
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました