じぶんの積立ってどうなの?何口入ればいいの?インデックス投資とも比較してみた

資産運用

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

みなさん「じぶんの積立」ってご存知ですか?

じぶんの積立というのは明治安田生命の保険商品なのですが、現在かなり話題になっており大人気商品のようです。

 

なので今回はこの「じぶんの積立」は本当にお得なのか。そしてそれはどれくらいお得なのか、自分は加入するのかどうか検証していきたいと思います。

この記事を書き始めた段階ではまだ加入するかどうかも決めていませんので、みなさんと一緒に検討していければと思います(^_^)

 

スポンサーリンク

「じぶんの積立」とは?

 

さぁまずは相手をしらないといけません。

「じぶんの積立」は、毎月一口5,000円から(最大四口20,000円まで)の積み立てを行う生命保険商品で、特徴は以下のようになっています。

 

①いつでも100%以上の受け取り率、返戻率

②満期の返戻金は103%

③一般生命保険料控除の対象

④健康状態に関わらず加入可能

⑤5年で払込は終了、保険期間は10年間

こうやって並べてみると何もデメリットはなく、いいことづくめのような感じがしますね。

それでは見ていきましょう。

 

いつでも100%以上の受け取り率、返戻率 満期の返戻金は103%

 

これは払い込み期間中(5年間)に解約したとしても元本割れすることなく100%戻ってきます

 

また払い込み期間の5年間が経過したあとであれば少しずつ利子が付いていきます。

 

さらに満期の10年が経った時には103%になって戻って来るということです。

 

一口につき一ヶ月5,000円の積立なので、5年間の積み立てで

5,000(円)×12(ヶ月)×5(年)=300,000円の積立となり、

返戻金は10年の満期を迎えれば309,000円となります。

 

となると返戻金に関して言えば一口につき9,000円のプラスになります。

四口申し込めば36,000円です。

 

10年で9,000円かぁと思うかもしれません。

とりあえず受け取り金に関してはここまでにしておきましょう。

 

 

一般生命保険料控除の対象

これがこの商品の一番の肝であると思います。

 

生命保険などの保険料を支払う場合、その金額に応じて所得金額から差し引かれる所得控除を受けることができ、課税対象となる所得が減少して所得税と住民税が軽減されます。

 

簡単にいうと

税金がかかるところの所得から引かれるため、

課税所得が少なくなる=支払うべき税金が少なくなる=節税効果がある

となるわけです。

 

保険料控除には以下の3つの区分に分かれています

1. 一般生命保険
2. 介護医療保険
3. 個人年金保険

このうち「じぶんの積立」は一般生命保険に該当します。

 

生命保険料控除全体の控除額は、所得税で12万円、住民税で7万円が最大です。保険の種類によって、控除区分が定められています。

 

平成24年1月1日以後に締結した保険契約については「新契約に基づく場合の控除額」
というものが適応されます。

 

これからじぶんの積立を考えている人はこの 「新契約に基づく場合の控除額」が適応されるためこれでお話していきます。

 

生命保険料控除の控除区分(新制度)

No.1140 生命保険料控除|国税庁

 

〈生命保険料控除額(所得税)〉

年間の支払保険料 控除額
20,000円以下 支払保険料の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料×1/4+20,000円
80,000円超 40,000円

 

 

〈生命保険料控除(住民税)〉

年間の支払保険料 控除額
12,000円以下 支払保険料の全額
12,000円超 32,000円以下 支払保険料×1/2+6,000円
32,000円超 56,000円以下 支払保険料×1/4+14,000円
56,000円超 28,000円

 

これで計算しますと

 

一口の場合年間60,000円の払い込みになるので

所得税の控除は60,000×1/4+20,000=35,000円

住民税の控除は56,000円以上なので、28,000円

 

となります。

しかし、これは節税になる分ではありません。

 

所得税がとられる対象から35,000円、住民税が取られる対象から28,000円控除されると言うわけです。

 

所得税は所得金額に応じて以下の表のように税率が変わってきます。

 

 

勤務医の先生方の多くは900~1800万円のところに入ると思うので税率33%で計算してみようと思います。

 

35,000円の所得税の控除となりますので、

この「じぶんの積立」に入っていなければ本来は

35,000円×0.33=11,550円

多く所得税を払っていた事になります。

 

また住民税は所得に関係なく、だいたい10%なので

28,000円×0.1=2,800円

となります。

 

合計すると所得金額が900~1800万円の方の場合には

11,550+2,800=14,350円

の節税効果となります。

これは1年間となりますので、払い込み期間5年間のみの節税効果なので、

14,350×5=71,750円

節税効果です。

 

そして先程の返戻金の9,000円をプラスすると合計で80,750円となります。

 

300,000円が10年で380,750円になるということになるので、

リターンとしては126.9%になるわけです。

 

そしてこの商品のすごいところはこれが確定しているというところです。

いくら投資で安全なインデックスであってもプラスが確約されているわけではないので、そう考えるとすごい商品なのかもしれません。

 

 

二口以上契約したらどうなるの?

「じぶんの積立」は合計四口まで申し込めるため、多く申し込めばその分お得なんじゃないかと思うかもしれませんが、そうではありません。

 

先程の項目でも書いたように生命保険料控除額は限度額が決まっているため、払込額が増えるにつれて節税効果は薄れていきます。

 

二口申し込んだ場合

所得税、住民税ともに限度額を超えるため

所得税の控除は40,000円

住民税の控除は28,000円となります。

 

そうなると節税効果は
40,000×0.33+28,000×0.1=16,000円となります。

5年間で80,000円の節税効果となります。

 

そうなると

600,000円の積み立てで698,000円のリターンとなり、116.3%になります。

 

一口の場合と比べ節税効果を含めたリターンは小さくなります。

二口の時点で節税効果の限度額はきているので、三口以降は節税効果は変わりなく、80,000円です。

 

三口:900,000円→1,007,000円となりリターンは111.9%

四口:1,200,000円→1,316,000円となりリターンは109.6%

 

とどんどんリターンは減っていきます。

なので最も得をするためには一口の申込みがいいということになります。

 

口数 払込額(円) トータルリターン(円) 増加率
1 300,000 380,750 126.9%
2 600,000 698,000 116.3%
3 900,000 1,007,000 111.9%
1,200,000 1,316,000 109.6%

 

 

他の投資商品などと比較

MacBook beside typewriter machine

これは他の投資などの資産運用と比べてどうなのかを検討してみましょう。

 

例えばインデックス投資への積立をこの商品と同様に行ったと仮定しましょう。

  • 毎月5,000円を5年間積立
  • 5年目以降は積立を行わず複利のみで運用

とします。

 

また複利はインデックス投資ということでまずは5%ということで設定してみます。

 

積立計算(満期一括課税)
定額積立の元利合計と利息の表を計算しグラフ表示します。満期時に一括課税されます。
複利計算(元利合計)
複利で利息発生毎の元利合計と利息の表を計算しグラフ表示します。

 

こちらのサイトの計算機を使用してみます。

 

まずは5%複利で毎月5,000円の積立の5年経過時点で

340,486円となります。

 

そこからは積立なしでさらに5年間複利で運用すると

最終的に434,556円となりますのでリターンとしては144.9%になります。

 

じぶんの積立が127%だったことを考えるとこっちのほうが良さそうですね。

これは仮に毎年5%のリターンが出た場合ですし、これを現金に変えようと思ったら利益に対して約20%課税されるので、手元に戻って来るお金は407,645円となりますので、135%のリターンとなります。

もしこれが年間3%の複利で計算してみると

最終的に375,250円となりリターンは125%です。

 

そうなると課税前の時点で「じぶんの積立」に負けてしまいます

 

 

デメリットは何があるの?

長々と検証してきましたが、デメリットに関しても考えておきましょう。

 

①他の保険商品に勧誘される可能性がある

この商品を契約するためにはネットなどで加入することはできず、直接明治安田生命の販売員と面談を行い、説明を受けてからしか入れません。

そしておそらく「じぶんの積立」は明治安田生命にとって利益の出るような商品ではないため他の商品を勧められる可能性が大いにあります。

なのでこれに入ると決めたらこれにしか入らないという強い気持ちで面談に向かう必要がありそうです。

 

②すぐに現金化できない

解約して元本割れがないとはいうものの、解約する時にはおそらく明治安田生命の担当者に連絡をするか、カウンターで依頼することになると思います。

そうなるとすぐに現金が来るわけではないので、今すぐ手元に現金が必要!というときには困っていしまいます。

なのでしばらく必要になる可能性がないお金で行うべきです。

 

③明治安田生命倒産リスク

これはどうしようもありません。

サイト内の重要なお知らせ 

にもあるように経営破綻が起こった場合には保険金額が削減される可能性があるということですので、リスクとしては考えておくべきでしょう。

 

 

まとめ

今回じぶんの積立がどういうものか検討するためにいろいろと計算しながら検討してみました。

 

先程あげたデメリットを考えても月5,000円であればすぐに必要になるお金ということになる可能性は低いでしょうし、リターンが確約されているということを考えても悪くないと思います。

 

保険としては死亡時などにも払い込み金額とほぼ同額のため、保険金や給付金をあてにする商品ではないでしょう。

ですが、銀行においておくより全然リターンはいいですし、リターンが確約されているというのが何よりも大きいと思います。

 

資料請求は無料で出来ますので、加入を前提に取り寄せてみたいと思います。

もし知り合いに聞かれたら

「貯金しておくよりも断然お得だし、大きなデメリットはないからいいと思うよ!」

と答えると思います。

 

ということで長々とお付き合いありがとうございました。

 

それではまた何かしらの記事でお会いしましょう!!!!

資産運用
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました