月額制サービスに気をつけろ!!知らず知らずのうちにお金がなくなっていく・・。

節約

こんにちは。

 

みなさんは月額制のサービスや年会費がかかるサービスは何か使っていますか?

 

 

例をあげると、Amazonプライムの会員や、月額動画サービス(NetflixやHulu)、トレーニングジムやクレジットカードの年会費などもそうですね。

 

そして自分で何のサービスに毎月(毎年)払っているか把握していますか?

 

把握できていない人はこんなブログ読んでる場合じゃありません!!!!!すぐに閉じて把握してください!!

 

大好きなYouTuberの瀬戸弘司さん(https://www.youtube.com/channel/UCFBjsYvwX7kWUjQoW7GcJ5A)より

 

 

はい、おかえりなさい。ちゃんと把握できましたかね(^^)

 

改めて確認してみると意外と多いと思う方が多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

支出管理にはやっぱりマネーフォワードが便利!!

私はこんな感じでEvernoteに表を作って管理しており定期的に見直しています。

 

 

実際月額のサービスなどは申し込むのは簡単ですが、クレジットカードや自動銀行引き落としなどにしていて確認しないと、使わなくなっても解約するのを忘れていることもよくあります。

 

その確認のためにクレジットカードの明細を見るためにいちいちサイトにいったり、銀行引き落としの内容を一個一個確認しに行くのはかなりめんどくさいと思います。私もかなり面倒くさがりで、気を抜くとすぐにサボってしまいます。

 

なのでそうならないような仕組みづくりをすることがとても大事です。

 

先日にもおすすめした家計簿アプリの「マネーフォワード」は無料会員でも10個まで銀行やクレジットカードを紐づけすることができるので、銀行から引き落としがされたり、クレジットカードが使われれば自動的にアプリに内容が反映され、確認できるようになっています。

 

まだ読んでいなくてマネーフォワードとはなんぞやという方はこちらをどうぞ。↓

 

マネーフォワードは便利!!家計簿をつけよう!!
家計簿ってめんどいですよね こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。 さて突然ですがみなさん家計簿つけていますか? 私は小学生の頃に親に言われて、お年玉やお小遣いを何に使ったかを書くように子供用の家計簿ノ...

 

 

そして何に毎月いくら払っているのか確認できたら本当にそれらが必要かどうかを吟味しましょう。

 

例えばAmazonプライム会員なども送料無料になるメリットはありますが、使う頻度が少ない方にとってはプライム会員よりも注文ごとに送料をはらったほうが安くつく可能性もあります。

現在Amazonプライム会員になると音楽サービスや動画サービス、電子書籍読み放題などもついてくるため、それらをガッツリ使う人にとっては、安すぎるぐらいですけどね(^_^;)

 

このように月額サービスのものは本当にそれぐらい利用価値があるかどうかしっかり考える必要があります。

そして毎月決まって出ていく支出、いわゆる固定費を下げることは資産運用における大事なファクターである、節約の非常に大きな一因です。

 

登録後○日間無料には注意!!!!

よく忘れがちなのが登録時1ヶ月が無料だけど、それ以降は課金されていくタイプのものです。

 

無料という言葉につられて登録したはいいけど解約を忘れてずるずる月額費払っていることはありませんか?

 

私はそれも仕組み化するためにそのようなサービスを利用したときにはTo-Doリストに入れておいて、期日前に通知がくるようにして続けるか解約するか判断をするようにしています。

 

そうすると不要な課金をせずに無料期間にサービスを利用できます。

もちろんそのサービスが利用価値があると判断したら課金するのは全く問題ありません。

 

トレーニングジムには要注意!!

そして月額のもので目をそらしがちなものはトレーニングジムがあると思います。

健康を意識している方などはトレーニングジムの月額会員になっている人も多いと思います。

 

実際私も研修医2年めのころに、大学卒業してから部活もやめて、不規則な生活で運動しなくなってしまったため、体がたるんできたなぁと感じたので、仲のいい三人の同期で一緒に大手のトレーニングジムに入会しました。

 

最初の数回はその同期と一緒に行ったりしていましたが、当直などで都合が合わないとまぁいいかと言う感じになり、徐々に足が遠のいていきました。

 

それから3ヶ月ぶりに思い出したように急にジムに行ったことがありました。その時に計算してみたのですが、月額8,000円ぐらい払っていたので、その一回のジムの費用は24,000円ぐらいの値段だということに気づきました。

 

一回24,000円のジムなんて、都会にあるセレブが通う超高級パーソナルトレーニングジムでもそんなにしないと思います。

 

それに気づいた私はすぐに解約しました。

 

トレーニングジムというのは一度入ってしまうと、ほとんど行っていなくても「またそのうち時間ができたら行く」とか、「解約したらもっと不健康になってしまうから」と言い訳をしてしまい解約をあとのばしにしがちなサービスの一つだと思います。

 

それなら多少高くてもパーソナルトレーニングで予約をとってきちっと通ったほうがよっぽど効果がありますし、お金の無駄にもならないと思います。

 

まとめ

月額サービスはうまく使えば生活が豊かになりますし、とても便利です。

しかし、いいようにつられてしまうと、払う必要のないお金をずっと払いつづけてしまうことがあります。

なのでマネーフォワードやTo-Doリストなどを利用して、仕組み化してそれを防ぎましょう!!!!

 

 

ではまた!!!!

節約
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました