ふるさと納税に駆け込め!!限度額は手取りではなく額面で計算!!

お金のこと

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

先日ふるさと納税についてのお話をさせていただきました。

 

そこで年収額で控除の限度額が変わるため、シュミレーションしてみましょうということを書きました。

 

私は初期研修からずっと同じ病院で勤務しており、確定申告なども病院で勝手に行われていたので、源泉徴収のことなどあまり気にしていませんでした

 

昨年のふるさと納税の時は、その前年の年収(ここ数年はそんなに変わっていなかったので)でだいたいで計算していました。

 

しかし今年の4月から職場が変わり、給与額も大幅に変わった(下方に)のと、たまにバイトなんぞをやり始めたため、今年度の年収がいくらになるかよくわからない状態となっていました。

 

そして年収の確かめ方や、源泉徴収票のもらい方などいろいろと疑問点が出てきたので、今後同じように悩むような方がいなくなるように、そして来年以降の自分への備忘録としてまとめさせていただきましたので参考にしていただければと思います。

 

それではどうぞ。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税は手取りではなく額面で計算!!

 

まず、ふるさと納税の控除限度額は手取りではなく、額面(控除や税金が引かれる前のもの)で決まります

 

「手取りではなく額面です!!」

 

1年以上前から家計簿アプリとしてマネーフォワードはずっとつけているため、手取り額としは概算できますが、それは税金が引かれたあとの金額となるため、額面上の収入とは異なります。

 

以前のコチラの記事にも書いたように、

手取りとして実際に銀行に振り込まれるお金はたっぷりと税金が取られたあとの金額なので、

 

手取りで計算してしまうと、本当はもっとふるさと納税で使えるはずなのに、少なめに見積もりすぎてしまうので要注意です。

 

そして給与が高ければ高いほど、累進課税制度で引かれている額も大きいため、額面と手取りの金額が大きく変わってしまいます。

 

なのでふるさと納税の恩恵を最大限に受けるには額面上の年収を知ることが必要です。

 

源泉徴収票は年明けにしか来ない!

現在の勤務先の場合

この2018年中の正確な収入を知るためには源泉徴収票が必要です。

そして私は現在の常勤先の今年の収入を知りたいなと思って、管理課で源泉徴収票がいつもらえるのか聞いてみました。

 

Oden
Oden

すいません。源泉徴収票っていつもらえるんですか?

 

管理課
管理課

12月の給料が決まってから計算するので、1月に渡します。

 

Oden
Oden

え?

 

管理課
管理課

、、、え?

 

Oden
Oden

、、いやなんでもないです。ありがとうございました。

 

なにーーーーーー!?

なんと源泉徴収票は年明けにしか渡されないと言われたのです!!

私の場合ふるさと納税は12月までにある程度しておいて、源泉徴収票が来たら微調整したら良いかと思っていました。

 

しかし、源泉徴収票が来ないとわかった今、正確な額面上の年収を知るためには給与明細を一つ一つ足していくしかありません!!

 

とりあえず自宅と勤務先をひっくり返して給与明細を探す予定です。。。

 

 

前勤務先

そして3月まで勤めていた病院の源泉徴収票も全然来ないんです。3月までしか働いてないわけですから、4月に3月分の振り込みが終わったらもう給与をもらうことはないため、早々に来ると思っていたのですが、待てど暮らせど来ません

 

なので前の病院にも電話で問い合わせました。

Oden
Oden

お久しぶりです。源泉徴収票っていつ届きますか?

 

前の勤務先
前の勤務先

ああ、源泉徴収票は希望されなければ送らないですよ。

 

あっぶなかったーーー!!

このまま待ってたらいつまで経っても来ないところでした。

速攻で送ってもらうようにお願いしました。

 

どこもこういうふうなのかはわかりませんが、勤務先が変わって、そこからこれ以上給与がもらうことがなくなったら忘れないうちに早めにもらうようにしたほうがいいと思います!!

 

 

バイト先

そしてバイトをされている先生の場合、何箇所からも給与をもらっている方がいらっしゃるかと思いますので、その場合にはそれぞれから源泉徴収票を貰う必要があります。

 

下のTweetは確定申告の話なのですが、源泉徴収票のもらい方としては同じだと思うので、どこからどれくらいもらっているのか訳わからなくなった人は参考にしてみてください。

 

 

まとめ

ふるさと納税の控除限度額は額面上のその年の収入になるので、正確に知るためには源泉徴収票が必要です。

 

そして下記のようにツイートしたところやはり、エクセルなどで管理しているようです。

よく見たら「エクセルかなんか」を誤字ってますね(^_^;)

 

勤め先によっては年明けにしかもらえないところもあるので、給与明細から金額をひろってエクセルなどで管理するのが一番間違いないと思います。

 

それでは本日のまとめです。

  • 現在の勤務先で源泉徴収票をもらえる日にちを確認し、年内にもらえないようであれば給与明細からひとつひとつ計算する。
  • 本年中に職場が変わった場合は前の職場に問い合わせて源泉徴収票を送ってもらう。
  • バイト先が多岐に渡る場合は市役所で「所得証明書」を発行してもらう。

 

これだけおさえてもらえれば本日のブログの役目はおわりです。

 

私はとりあえず今から給与明細を探す旅にでますので、探さないでください・・・。

干物女 「探さないで下さい・・・!」

 

みなさんも急いで確認しましょう。

来年からはちゃんと管理しよ・・・。

 

それではまた何かしらの記事でお会いしましょう!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました