ふるさと納税 来年は早々にやるべし!!

お金のこと

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

先日ふるさと納税についてお話させていただきました。

 

今年分のふるさと納税はもう終えられた方が多いと思います。

 

みなさんはふるさと納税は毎年何月ごろにされていますか?

 

ふるさと納税の限度額はその年の年収の額面で決まるため年末に行うという方が多いのではないでしょうか。

 

また面倒くさいからずっと放っておいて年末にそろそろやらないと・・・。とやり始める方もいるでしょう。

 

いままではそれで良かったのですが、2019年はそうは行きません!!!

 

その理由と、どう動けばいいのかお話していきます。

それでは行きましょう。

 

スポンサーリンク

法規制が入る!

 

ふるさと納税には「返戻品は寄付額の3割まで」「返礼品は地場産品を」と総務省から通達が出ています。

しかし現時点(2018年12月)では法律で定められていないため、今はまだ3割を超える返礼品や地場産品ではない、家電や、ギフト券などが人気を博している状態となっています。

 

しかし2018年9月に野田聖子総務相がふるさと納税制度の見直しを検討すると発表しました。

ふるさと納税見直しへ 高額返礼は優遇除外
野田聖子総務相は11日、ふるさと納税制度の抜本的な見直しを検討すると発表した。寄付金に対する自治体の返礼品の額の割合が3割超の場合や、返礼品が地場産品でない自治体への寄付は税優遇の対象からはずす方針

 

このなかで

2019年の通常国会に地方税法改正案を提出。早ければ19年4月からの施行をめざす。
違反した自治体を制度の対象から除外する規制に踏み切る方針だ。

とされています。

 

この手の法案はすんなり通っていく可能性が高いと思われます。

 

地方自治体側もふるさと納税は貴重な財源であるため、制度の対象から除外されてはかなりの痛手となってしまうため、自治体もそうそう危ない橋は渡らなくなるでしょう。

 

なので2019年4月からは返礼品は3割の地場産品ということが遵守されることが予想されます。

 

 

遅くとも2019年3月までに納税するべし

2019年4月から法規制が入るであろうとお話しました。

逆に言えば2019年3月までは法規制されません

 

先程もお話したように地方自治体にとってふるさと納税はかなり貴重な財源となっていますので、法で規制されるギリギリまでは各自治体によるチキンレースが行われると思われます。

 

しかしあまりに3月のギリギリになってしまうとやめてしまう自治体もでてくると思うので、2019年年明け早々にふるさと納税をやってしまったほうが安全だと思います。

 

私は正月の3が日の間に大体の納税は行ってしまおうと思っています。

 

医師の方々は時間外やバイトの増減もあるためもちろん年度によって年収が変わってくると思うのであくまで少なめに見積もって、限度額を超えない程度に行っていただければと思います。

 

 

オススメはギフト券

 

言わずもがなですが、一番に狙うべきはギフト券ですね。

総務省から最も目をつけられている返礼品の一つだと思いますので、2019年4月以降はまずなくなると思って間違いないでしょう。

 

ギフト券はふるさと納税のポータルサイトによって取扱があるサイトと無いサイトがあります。

 

その中でもふるなびはギフト券の扱いが多いです。

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」でふるさと納税
ふるさと納税ランキングふるなび ふるさと納税で寄附して返礼品をもらおう

 

自治体としては

静岡県小山町でAmazonギフト券の取り扱いがあり、還元率は40%となっています。

ほかにも賀県みやき町ではHISのギフト券は還元率50%です

 

これらを積極的に狙っていきましょう!!

 

あとはふるさと本舗というところでもAmazonギフト券を佐賀県みやけ町で扱っています

またふるさと本舗では2018/12/31まで納税額の5%のAmazonギフト券ももらえるようなので、Amazonギフトとしての還元率は45%となります!!!

是非こちらもチェックしてみてください。

検索結果
検索結果一覧です。

 

 

まとめ

2019年4月からは規制が入りふるさと納税のオイシイ返礼品はなくなっていまいます

 

なので年が明けたら早々にふるさと納税の大半を行っておいたほうが無難だと思います。

このような制度は歪みをうまく利用してオイシイところは逃さないようにしましょう

 

それではまたなにかしらの記事でお会いしましょう。

 

 

ふるさと納税についてはこちら

ふるさと納税やってますか?やらないと損!!
こんにちは。 みなさんふるさと納税してますか? 最近はかなりメジャーになってきており、納税額も右肩上がりで増えているようなので、少なくとも言葉ぐらいは聞いたことがあるかと思います。 下のグラフにあるように一...

 

ふるさと納税の限度額についての記事も書いています

ふるさと納税に駆け込め!!限度額は手取りではなく額面で計算!!
こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。 先日ふるさと納税についてのお話をさせていただきました。 そこで年収額で控除の限度額が変わるため、シュミレーションしてみましょうということを書きました。 私は初期研...

コメント

タイトルとURLをコピーしました