【完全保存版】独学でFP3級に合格する方法!!!これを見れば合格間違いなし!!

オススメ

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

以前よりFPについていろいろお話してきました。

 

そして2019年1月27日についにFP3級の試験を受けてきました!!

 

 

そして試験終了当日に解答速報がFP協会のHPで発表されましたので自己採点しました。

 

そして自己採点の結果は!!
「結果発表~~~~!!!!!!」

「結果発表」の画像検索結果

 

結果はこちらです!!(ドンッ!)

学科試験:52/60問 86.7%

実技試験:18/20問 90%

 

でした!!!

学科・実技ともに60%とれれば合格なので、マークミスや名前を書いていない等の凡ミスがなければ合格していると思います

 

勉強方法についてはちゃんと合格が決まってから書いたほうがいいかと思いましたが、

次回の試験が5月末にありますし、試験申し込みも3月から始まります。

 

なので早めに書いておいたほうが次回受ける方も準備できると思いますし、

私自身記憶が薄れないうちに書いておいたほうがよいと思い暫定版として書かせていただきます!

 

それでは行きましょう!!!

 


【追記】2019/3/7 FP試験結果発表され無事合格しておりました!!

なのでタイトルを【暫定版】→【完全保存版】とかえさせていただきました(笑)

 

 


 

 

 

スポンサーリンク

試験に申し込もう!!

試験を受けるためにはまずは申し込まないと始まりません。

 

FP3級受けてきました!!FP協会と金財の違いは?試験ってどんな感じ?
こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。 前回の記事でブログ頑張ると言っておきながら3週間ぐらい空いてしまいました(笑) それも理由があるんです。 実は昨日(2019年1月27日)、FP3級の試験を受けてきました!! ...

 

上の記事でも書いたようにFP技能士の資格をとるには、日本FP協会もしくは金融財政事情研究会(通称:金財)のどちらかの試験を受けなければいけません。

 

しかし日本FP協会のほうが合格率が高いというデータもあるので、特別なこだわりがなければ日本FP協会で受験しましょう。

 

日本FP協会

 

申込み自体はサイトからネットで申し込みができますし、申し込むときには特別難しいこともありませんでした。

 

 

使用した教材

私はFPの勉強を始めるまでほとんど保険や税金などの詳しい知識はなく、何から勉強したらいいかわりませんでした。

 

なのでユー○ャンなどの通信講座で勉強しなければならないかと思っていました。

 

しかし私が買った教材はこの2冊のみです!!!

 

 

 

(2019/5/26発売)

 

正直これで十分です!!!他に手を広げる必要はありません!!

 

試験会場でもこのテキストを広げている人が多かった印象です。

 

私はこのテキストだけでしか勉強していませんが、実際試験では1.2問わからない問題はありましたが、ほぼ網羅されていますので満点を目指すわけでなければ、この2冊を買っておけば問題無いでしょう。

 

なのでFP3級取得のためにかかった費用は

試験費用:6,000円

テキスト:1,728円

問題集:1,620円

合計で9,348円と1万円もかかっていません!

 

 

勉強方法

それでは詳しい勉強方法について書いていきます。

 

あくまでも私のやり方ですし、人によって仕事の忙しさなどで平日取れる時間も違うと思うので、あくまで参考としていただければいいかと思います。

 

ちなみに平均勉強時間としては1日1時間ぐらいだと思います。

 

2ヶ月前ぐらいから勉強を始めたのでトータルの勉強時間は60時間ぐらいだと思います。

 

 

試験2ヶ月前

私が本格的にFP3級の勉強を始めたのは試験のおよそ2ヶ月前からでした。

 

まずは

 

『みんなが欲しかった! FPの教科書 3級』

 

このテキストを通読します。最初読み始めるとよくわからない係数や年金の仕組みなどが出てきて頭がこんがらがると思います。

 

今読んでいるのが国民基礎年金のことなのか厚生年金のことなのかよくわからなくなってきます(笑)

ですが気にせず読み進めてください

 

ここで一つ一つ完璧に理解してから進もうとすると時間がかかり過ぎます。

 

なのでまずは全体像を大まかに掴むために通読しましょう

 

保険や税制、相続などいろんな分野がありますが、それぞれ独立しているわけではなく、それぞれの分野でお互いに関連する事項がでてくるので、何度か出てくるうちになんとなく理解できてきます

 

これはFPに限らず何の勉強するにしても有効だと思っています。

 

全体像をぼんやりでもいいから掴んでおいて、その後で細かいところの解像度をあげていくという方法です。

 

私は普段触れることのない分野のことなので時間がかかってしまったことや、序盤は結構余裕ぶっこいていたので、通読には結局1ヶ月ぐらいかかってしまいました(笑)

 

 

1ヶ月前

1ヶ月でテキストを通読し、ぼんやりと理解した状態のまま

試験1ヶ月前からは問題集をはじめました

 

『みんなが欲しかった! FPの問題集 3級』

 

解き始めると、テキストのはじめの方の分野など全く覚えていないこともたくさん出てきましたが、問題で出てくるごとにテキストで調べて見直しながらやっていきました。

 

そしてFPの試験で一番大変なのは数字を覚えることです。

お金のことなので当たり前のことですが、とにかく数字を覚えないといけません。

 

「控除額の最大額がいくらだ」とか、「何年以上所有していたら~」とかとにかく数字をおぼえないといけません。

 

しかし、こればっかりは詰め込むしかありません。

 

なので私は問題集をときならが問題を解くのに必要だなと思った数字はEvernoteに書いて最後の見直し用のカンペを作っていました。

 

こんな感じです。

 

 

そして3週間ぐらいで問題集を解き終えたら各分野が何となくつながってくるのが分かると思います。

 

 

1週間前

そして試験の1週間前からは過去問をひたすらやりました。

FPの過去問はFP協会のHPからダウンロード出来ます。

 

試験問題・模範解答 | 日本FP協会

 

何年も前の試験だと、制度自体が変わっている可能性があるので、1年分(3回分)を解いておけば十分だと思います。

 

しかしFP協会で公開されている過去問は解説がありません

 

下記の様な過去問の解説をしてくれているサイトがいくつかありますので、テキスト見直してもわからない場合は利用してみてもいいかもしれません。

 

FP3級ドットコム
FP3級の解説でNo.1を目指すサイト。試験の最新動向や過去問題の解説、質問用の掲示板など3級ファイナンシャル・プランニング技能検定に関係する情報を発信しています。トップページの過去問題一問一答で理解度を確認しましょう。

 

ここまでやれば正直十分だと思います!!

 

私も過去問やり始めた頃には7~8割は取れるようになっていました

 

 

試験について

FP3級に関しては変なひっかけ問題はほぼ出てきません。

 

きちんと理解できていれば素直に答えれば解ける問題がほとんどだと思います。

 

注意点としては問題によって「正しいものを選べ」の場合と「誤っているものを選べ」の場合があるのでそこだけ問題文をちゃんと読むようにしてください!

 

 

まとめ

FP3級は独学でも合格することは十分に可能です。

まとめると以下のとおりです

 

・2ヶ月前から勉強開始
・最初の1ヶ月でテキストを読む
・そのあとで3週間ぐらいで問題集を終わらせる
・最後の1週間は過去問と数字の暗記!!

 

これで大丈夫だと思います。

みなさんも是非FP3級を受ける際には参考にしてみてください。

 

それではまた何かしらの記事でお会いしましょう!!

 

 

オススメ
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました