ファイナンシャルプランナー3級に!!!おれはなるっ!!!!

お金のこと

 

こんにちは!

のっけからクソコラですいません。

これをやりたいと思いついたのですが、いざやってみるとやり方がわからず、

画像をパワーポイントで加工→PDFで保存→PDFをスナップショット→ペイントでjpeg化

という面倒くさい方法でなんとかここまでたどり着きました・・・。

 

あれこれ模索して1時間ぐらいかかりました。

 

 

もう今日分の体力を使ったので

それではまた次回!!!!!

 

 

 

 

本日のブログはここまでとしようかと思いましたが、ただの画像発表会みたいになってしまうのでもうしばらくお付き合いください。

誰か簡単な画像加工方法を教えてください・・・(T_T)

 

スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナーとはなにか

ファイナンシャルプランナーとはなにかよくわかっていない方も多いかと思います。

 

自分自身

 

 

Oden
Oden

なんかお金のこと教えてくれる人なんじゃないの?

ぐらいに思っていました。

 

日本FP協会のホームページを見ると下のように書かれています。

 

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。個々人や家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画を提案、アドバイスを行い、その実行をサポートします。そのため、FPはお金の面から家計の改善を図る「家計のホームドクター®」とも呼ばれています。

FPは職業の名称で誰でも名乗ることができます。ただし、「くらしとお金」に関するアドバイスは多岐にわたるため、FPには年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、相続など、幅広い専門知識が求められます。そこで、「くらしとお金」に関する様々な専門知識を有していることを証明するのがFP資格です。

 

FP資格について | 日本FP協会

 

とのことです。

っていうかファイナンシャルプランナーって資格もっていなくても誰でも名乗れるんですね。

 

 

逆に医師というのは業務独占資格というもので、その資格をもつものだけが独占的にその仕事をおこなえるというものです。

 

医師法の第十七条では「医師でなければ、医業をなしてはならない」

第十八条で「医師でなければ、医師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない」

という条文があり業務独占資格の場合は、資格もないのに業務を行うと厳しい処罰があるようです。

 

なんのためにファイナンシャルプランナーの資格を取るのか

上でも書いたようにファイナンシャルプランナーは資格を取らなくても名乗れますし、仕事をやろうと思えばできるもののようです。

 

別に私はファイナンシャルプランナーの仕事をしたいわけでもないですし、医者をやめるつもりは毛頭ありません。決してファイナンシャルプランナーという横文字に惹かれたわけでもありません。

決して。。。

 

 

ではなぜその資格をとろうと思ったのかと言いますと、私自身ももちろんそうなのですが、医師の方々は中学から進学校にいったり、高校でも塾や予備校に行って受験のための勉強は鬼のようにしてきた人たちが多く、受験に受かるための知識は豊富なのですが、お金の勉強をしてきた人はほとんどいないと思います。

 

ましてや実家が開業医の方であったり、裕福な人が多いので、今までお金にあまり困ったことがなく真剣にお金の勉強していない場合が多いです。さらに医者になってしまえばある程度お給料ももらえるので、お金の仕組みや税金などについて無頓着な人が多いです。

 

インテリジェンスは高くてもいわゆる「ファイナンシャル・インテリジェンス」が高い方は少ないと思います。

 

私もファイナンシャル・インテリジェンスは決して高いとは思っていませんし、世の中のお金の仕組みや税制などもあまり理解していない部分も多いです。

 

ようやく昨年にこのまま自由にお金を使っていてはまずいと気がついて、少しずつ資産運用や投資のことを勉強し始めましたが、この資本主義社会の全体像が見えていないことに気が付きました。

 

ルールを知らなければ搾取されるのみ!

資本主義の世の中では社会のルールを理解している人が圧倒的に有利です。

税金ひとつとってみても何も考えなければ言われるがままに税を課され、どれだけ給料をいっぱい稼いでも累進課税で手残りはほとんど増えません。

しかしルールを理解して法人を持ったり、経費などで節税などを行えば、本来取られていたものを取られずに済むこともたくさんあります。お金持ちの人ほどこのようなルールをしっかりと理解しており、それを自分に有利になるように活用しています。

 

なので私はルールを理解するために勉強し、せっかくならファイナンシャルプランナーの試験を受けてみることにしました。

 

試験内容としてはざっくりと

 

  • ライフプランニングと資金計画(社会保険、年金、企業年金)
  • リスクマネジメント(保険)
  • 金融資産運用(経済の基本、債権、株式、投資信託)
  • タックスプランニング(各種税金)
  • 不動産(不動産に関する法令や税金)
  • 相続・事業継承(相続税、贈与税)

 

といった分野に別れています。

 

私が今までぼんやりと知りたいなと思っていた範囲のことが網羅されています。

FPの資格は1~3級まであり、3級は最初の入門編なので浅く広くなのかもしれませんが、全体像をつかむためのきっかけとしては十分だと思っています。

 

試験日程

FP3級・2級の検定は年に3回あり次は試験日は2019年1月27日(日)となっており、現在受験申し込みの真っ最中です。

 

2018年11月12日(月)~12月3日(月)が申し込み期間なので興味のある方は申し込んでみてはいかかでしょうか。

3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱 | 日本FP協会
fp2級,fp3級,fp1級,技能検定,日本FP協会公式サイトです。日本FP協会が実施する1~3級FP技能検定の概要のほか、本サイトから2級・3級の申込み(照会・変更)、合否照会が可能です。

 

私はこの来年1月の試験を受けるつもりです。

勉強するために下記の本も買いました。とりあえず評価が一番高かったので買ってみましたが、まだ1mmも勉強していません。

 

 

まだ2ヶ月以上あるのでなんとかなると高をくくっています。

 

もし受かったら得意げにご報告しますが、落ちたら今後一切この話題には触れませんのであしからず(笑)

 

ではまた!!

 

 

【追記】

Twitter

申し込んでしまいました。もう後戻りはできないです・・・。

勉強するぞ~~~。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました