ウォーレン・バフェット氏のドキュメンタリー『BECOMING WARREN BUFFETT』を観て

オススメ

こんにちは。Oden(@DInvBMP)です。

 

10連休という大型のGWの最終日いかがお過ごしですか?

 

僕はAmazonビデオで「BECOMING WARREN BUFFETT(ウォーレン・バフェット氏になる)」を見たので記憶が新鮮なうちに紹介したいと思います。

 

ちなみにAmazonPrimeビデオではないため、視聴に399円かかりますが、観て良かったです!!

 

Amazon.co.jp: ウォーレン・バフェット氏になる (字幕版)を観る | Prime Video
この魅力的なドキュメンタリーは、世界で一番リッチな人物の一人であるにも関わらず、生まれ故郷のネブラスカ州オマハで質素で慎ましくさえある生活を送るウォーレン・バフェット氏の驚くべき人生・キャリア・信条を描く。

 

 

スポンサーリンク

ウォーレン・バフェットとは

投資をしたことがある方なら誰もが聞いたことがあると思います。

 

投資界では神様のような人で、年利20%の利益を50年に渡り出し続け、数百億ドル(円ではなくドルです!!)の個人資産を一代で築き上げたレジェンド的存在です。

 

アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家である。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。大統領自由勲章を受章している。

バフェットは、長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡ってバークシャー・ハサウェイに高い運用成績をもたらしている。地元ネブラスカ州オマハを中心とした生活を送っているため、敬愛の念を込めて「オマハの賢人」(Oracle(Sage) of Omaha) とも呼ばれる。

wikipediaより

要するにとんでもなくすごい人です!!!

 

 

BECOMING WARREN BUFFETT

このドキュメンタリー映像はバフェット氏本人だけでなく、本物の家族や一緒に仕事をしている仲間などのインタビューなどを交えて、バフェット氏の人生や生き方を綴っているものです。

 

僕はもともとウォーレン・バフェットの名前は何度も耳にしておりましたが、詳しい生い立ちや人物像などは知らなかったので「僕の理解の及ばないようなすごい人なんだろうな」という印象でした。

 

しかしその印象は全く変わりました。

 

そしてお金とはなにか、なにのために生きているのかを考えさせられるものでした。

 

 

どれだけお金を持っていても質素な生活

冒頭ではバフェット氏が運転する車で、朝食を買いに行くのですが、朝食は決まってマクドナルド。

買うものは2ドル95セントのソーセージエッグマフィンか

3ドル17セントのベーコンエッグビスケット。

 

撮影日はマーケットが冷え込んでいるということで2ドル95セントのソーセージエッグマフィンを買っていました。

 

440億ドル持っていても22セントの違いに気を配っているのです!!

 

そして、そこまでの資産のある人なので、さぞ豪邸に住んでいるのだろうと思っていましたが、生まれ育ったオハマで31,500ドルで購入した普通の家に住んでいました。(映像にもちらっと出てきますが本当に普通の家です。)

 

投資家としてのあるべき姿を見た気がします。

どれだけお金を稼いでいても地に足をつけて、堅実に生きることが重要であると思います。

 

 

 

投資哲学

このドキュメンタリーには具体的な投資方法などが出てくるわけではありませんが投資哲学が随所に散りばめられています。

今後の投資をしていく際に参考になることがたくさんありましたのでいくつか紹介します。

 

投資では苦手なコースを振る必要はない。
得意なコースだけ打てばいい。

市場は流動的だから動きたい衝動に駆られるが我慢が必要

 

自分の「理解できる範囲(サークル・オブ・コンピタンス)」circle of competence

自分が勝負する範囲を決めるのは重要

 

野球では来たボールに対してバットを振らなくてはいけませんが、投資であれば自分な得意な範囲(投資ジャンル)にしぼって勝負すればいいのです。

 

 

投資をする際の指標としては
『モート(堀)を持つかどうか』 

いわゆる他の会社や業界からの参入障壁があるかどうかということですね。

ブランド力などもここにはいってくると思いますが、モートがあることによって他の会社に存在を脅かされる可能性が低くなると言うことなのでそういう会社に投資を行うことが大事ですね。

 

 

投資の判断に使用している情報は誰でも得られる。これは公平な勝負なんだ

バフェットのような投資界の神様であっても特別な情報がもらえるわけではなく、僕たちが普通にネットでとることができるような情報で投資判断をしているのです。

情報は一緒でありそれをどう解釈するかの問題なわけですね。

逆に言えば僕たち一般人でも情報を読み解く力があれば投資の世界でも勝負できる可能性が充分あるわけです。

ちょっと勇気が出ますね(笑)

 

 

印象に残った言葉

その他にもたくさんの名言がでてきます。

私は他者より優れているわけじゃない。

私がこの地位にいるのは運が良かっただけなんだ。

もちろん運だけではなく、そこに弛まぬ努力をしてきたからこそだと思いますが、自分の地位に奢ることなく、謙虚に生きている様はカッコいいですね!!

 

バフェットは2006年に資産の85%に当たる約374億ドルを寄付しています。

そしてそのときに話した言葉が

私が一生で使うのは資産の1%以下で、残りの99%強は他の人に使われる。
自分は使わないお金だから、必要ないからね。
それを必要な人に渡さないのはバカげてる。
持ってても無意味だ。

 

 

最後に

このドキュメンターは、ウォーレン・バフェットという天才投資家を通じて、お金との向き合い方、人や仕事への姿勢を学ぶことが出来ます

 

80歳を超えても仕事を愛し、人生を楽しんでいる姿はとても魅力的でした。

最後にバフェットはこのように話しています。

お金が不要でも就くような仕事を見つけなさい。
そうすれば人生が豊かになる。
1日が楽しみで毎朝ベットを飛び出るよ
大好きな職場だから踊りながら行ける。
私はとても幸運だよ

 

僕自身現在この状況であるかと聞かれたら口ごもってしまうと思います。

 

本当にやりたいこと、楽しいこと、お金を気にしなくてもやりたいことができるようになりたいと思いました

 

私財の99%を人のために使えるほどになれるかどうかはわかりませんが、医師として医療を通じて少しでも社会に貢献できるように謙虚に生きていこうと思いました。

 

ウォーレン・バフェットに少しでも興味がある人なら是非観ていただきたいと思えるドキュメンタリーでした!!

投資のことが全然わからなくても、彼の生き方、人生観は学ぶことが多いと思います。

 

おすすめです!!!

それではまた!!

 

 

 

オススメ
スポンサーリンク
Odenをフォローする
スポンサーリンク
内科医Odenのジンセイレベルアップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました